『Le Fils 息子』『La Mère 母』同時上演
『La Mère 母』
『Le Fils 息子』
INTRODUCTION

INTRODUCTION

若村麻由美&岡本圭人&岡本健一が演じる家族の在り方、親と子の苦悩、孤独!同じ役者が全く異なる2作品を同じ役名(母×息子×父)で競演する!
若村麻由美&岡本圭人&岡本健一が演じる家族の在り方、親と子の苦悩、孤独!同じ役者が全く異なる2作品を同じ役名(母×息子×父)で競演する!

演出家ラディスラス・ショラーからのラブ・コールを受けて、『La Mère 母』では若村麻由美がタイトル・ロール 母を演じます。『Le Père 父』『Le Fils 息子』『La Mère 母』3作品にアンヌ役で出演。『Le Père 父』ではこのアンヌ役で第27回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。昨年は、主演ドラマで変幻自在の1人3役を演じて大きな話題となりました。主演舞台となる本作で、無名塾出身の生粋の舞台女優・若村は全く違う2つの役をどう演じ分け、魅せてくれるのでしょうか?

息子ニコラ役は、トップアイドルとして活躍後、アメリカの名門演劇学校での武者修行を経て『Le Fils 息子』で初舞台を踏んだ岡本圭人。一流の演出家たちとタッグを組んでの数々の大作舞台、映像作品への出演経験を重ねて、着実に舞台俳優としての力をつけてきました。

父ピエール役には、第26回読売演劇大賞最優秀男優賞、第45回菊田一夫演劇賞、第55回紀伊國屋演劇賞など数々の演劇賞を総なめにし、舞台俳優として高い実力をもつ岡本健一。昨年は30年間活動を休止していた男闘呼組を再結成し、全国21都市でツアーを実施しました。俳優としての円熟期を迎えた彼が演劇というホームグラウンドでどんな姿を見せてくれるか期待が高まります。

ピエールの再婚相手ソフィア役とニコラの恋人エロディ役に伊勢佳世『Le Fils 息子』では医師役に浜田信也、看護師役に木山廉彬が出演します。

日本演劇界きっての実力派キャストが結集して、2つの劇場で2作品を同時に競演します!

現代フランス演劇界を牽引する稀代の劇作家フロリアン・ゼレール『La Mère 母』の日本初演そして世界13か国以上で上演され、映画化もされた傑作『Le Fils 息子』が待望の再演!
現代フランス演劇界を牽引する稀代の劇作家フロリアン・ゼレール『La Mère 母』の日本初演そして世界13か国以上で上演され、映画化もされた傑作『Le Fils 息子』が待望の再演!

『La Mère 母』は、フロリアン・ゼレールが『Le Père 父』、『Le Fils 息子』の執筆に先立って、彼が31歳の時に3部作の最初に書いた作品です。

2010年に本国パリで初演され、その後、さまざまな国での上演を経て、最近ではフランスが誇る名女優イザベル・ユペールの主演でブロードウェイでも上演されて大きな話題となりました。

『Le Fils 息子』は、フランス演劇界で最高の栄誉とされるモリエール賞を受賞するなど高い評価を受け、ロンドンのウエストエンドなど世界13か国以上で上演されました。22年にはハリウッドでゼレール自身の監督によりヒュー・ジャックマン、ローラ・ダーンの出演で映画化、23年に日本でも公開されました。

演出は、緻密に人間の本質を描き出す演出力に定評のあるラディスラス・ショラー。フランスオリジナル版も手掛け、19年に上演された『Le Père 父』、21年の『Le Fils 息子』で演出を務めたショラーは、家庭内で起こるメンタルな病の諸相に新たな視点で迫り、話題となりました。シビアな現実を描きながらも、洗練されたスタイリッシュなステージを創造するショラーが日本人の実力派キャスト・スタッフとタッグを組んで、どのように表現するのか、ぜひご期待ください!

ページトップへ